【水天宮前のレストラン】ランチで生マグロ?【傳 本店】

“満腹太郎”

水天宮前エリアでマグロを食べたい時におすすめのランチです。

人形町、茅場町からも徒歩圏内です。

 

 

 

 

築地 傳 本店 お店情報

傳 本店 食べログHP

紹介文

 

創業70年以上の築地の老舗鮪仲買「株式会社山喜之」から届く新鮮な生鮪を中心としたお料理をご提供しております。日本の台所“築地”で選びに選び抜いた新鮮な生鮪をお楽しみいただけます。
食べログHPより

 

最寄駅は半蔵門線水天宮前駅になります。
一番近い出口からでて徒歩5分ほどのところにある古民家風の一軒家がお店です。

1階はカウンター8席弱あり、2階は4人から6人が座れる掘りごたつが5卓ほどあります。
おひとり様でも複数人でも入りやすいお店になってます。

ランチの営業時間は11:30〜14:00となっていますが、ネタがなくなり次第のメニューが次々と終了していきます。

 

MEMO
品数限定ランチは、だいたい12:00前後には無くなっていることが多いです。
・2019/04/02 (火) :到着時間12:25→品数限定ランチ全て売り切れ
・2018/12/12 (水):到着時間11:50→品数限定ランチ残り数食分
・2018/11/22(木):到着時間12:05→品数限定ランチ残り全て売り切れ

 

IBM本社も近くにありますし、ビジネス街なので、客層はサラリーマンやOLが多いです。
かなりリピーターが多い様子で、リピーターほど12:00より前に来店しています。

ここの売りはなんといっても新鮮なマグロです。
築地のマグロ仲買「株式会社山喜之」が経営しているお店なので毎日新鮮なマグロが届きます。

なかでも、先ほどお話した限定ランチの一つである「生鮪 中落ち丼定食」は冷凍していない生のマグロの中落ちを使用しているため、鮮度を落としていない状態で食べることができます。
1日あたり10食弱の提供とのことで、一番最初になくなる品です。

もし来店した際に、まだ注文ができるようでしたら急いで注文してくださね。

 

そのほかにオススメなのが「中トロ炙り丼定食」と「生マグロ合盛り丼定食」です。
こちらは実際に食べて来たので後ほど紹介いたします。

 

それでは改めてメニューを見ていきましょう。

 

 

築地 傳 本店  ランチメニュー

定食の種類

 

  • 生鮪 中落ち丼定食(限定):1,000円
  • 中トロ炙り丼定食(限定):1,000円
  • 築地丼定食(海鮮9種盛り):1,200円
  • 生鮪合い盛り丼定食:1,100円
  • 日替わり丼定食(海鮮5種盛り):1,000円
  • ネギトロ丼定食:950円
  • 焼き魚定食:900円
  • 煮魚定食(不定期):900円

 

以上がランチメニューとなっていて、品数限定ランチ以外にもたくさんの種類の定食があります。
限定ランチ以外も美味しいので、ランチ時間に出遅れても安心して美味しいマグロやお魚を頂くことができます。

 

また大盛りやご飯少なめなどの対応も無料でしてくれますので、男性も女性も安心ですね。

注意
限定の中落ち丼のマグロは美味しいですが、ネタの量は少なめです。
大盛りにしてしまうと、酢飯とのバランスが悪くなることがります。

 

 

生鮪合い盛り丼定食 1,100円

生鮪とネギトロを堪能できる定食となります。

お店に到着した時すでに中落ち丼が売り切れの場合は、こちらがおすすめです。
脂身がちょうどよく、噛んだ時の柔らかく溶ける食感は最高です。

酢飯は少しお酢が強め。
酢飯と最高のマグロで、箸が止まらなくなり、あっという間に完食してしまいます。

ごはんの量は通常でもかなりありますので、大食い男性の場合以外は大盛りだと食べきれないかもしれません。
女性のお客さんは、「ご飯少なめ」と注文される方が多い印象でした。

これ築地で食べたらいくらになるんでしょうか。
この圧倒的重量で1,100円というのはかなりコスパが良く感じます。

 

中トロ炙り丼定食(限定):1,000円

 

中落ち丼とともに、品数限定ランチであるこちらの定食
こちらも同じくらいの人気でほぼ同時になくなっていってました。
(その日によっては、炙りが先に無くなることもあるとのこと)

まず炙り中トロが最高です。
中トロの脂が炙られて中に閉じ込められ、噛む瞬間に口の中に脂が広がっていきます。

そしてご飯の上には、醤油やごま油ベースのタレで炒めたモヤシが乗っていて、これが、ごま油の風味が効いていて箸が進みます。こちらのタレがかかっているので醤油などにつけなくても美味しくいただけます。

わさびが上に乗っていて、こちらのわさびは単体で食べると結構辛いんですけど、この中トロと食べるとその辛さをあんまり感じません。
中トロの脂がしっかりとのっているからこそ、そうなるんだと思います。

こちらもご飯は通常でかなり多めです。
女性の方などはご飯少なめで頼むとちょうどいいかもしれません。

また、中落ち丼の説明でも書きましたが、こちらの中トロ炙り丼もネタ自体は少なめです。
大盛りにすると、ご飯とのバランスがおかしくなることもあるので注意してください。

 

以上の丼ぶりは定食なので、基本的に以下のものがついてきます。

おしんこ・味噌汁・茶碗蒸し・日替わり一品

 

この中でも特筆したいのが茶碗蒸しです。

 

すごい本格的な茶碗蒸しで出汁がよく効いていて、定食と一つとは考えられないクオリティです。

ここのお店に行くときに密かに楽しみにしている一品です。

お椀があつあつのまま出てくれることが多いので、火傷に注意してくださいね。

 

以上がランチの情報となります。

 

築地 傳 本店  総評

傳 本店 食べログHP

  • 限定品ランチは12:00前後で売り切れになることが多い
  • 冷凍していない新鮮な生マグロがおすすめ
  • 限定品2品注文の際、大盛りにするの要注意

 

このお店の評価
FOOD
(4.0)
HOSPITALITY
(4.0)
VALUE OF MONEY
(4.0)
ACCESSIBLE
(4.0)
総合評価
(4.0)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です