【台北のローカル料理】ホテルマンおすすめ!安くローカル料理を食べたいならここ!【第一鮮】

“満腹太郎”

台北に到着しホテルに着いてひと段落したところ、少しお腹が減っていたのでホテルの近くで美味しいローカル料理を食べたいと思い、レセプションでチェックインを担当してくれたスタッフにオススメを聞いたところ教えてもらったお店です。

 

 

 

 

「第一鮮」コートヤード台北近くのおすすめのお店

 

 

このとき宿泊していたホテルは「コートヤード台北」です。

コートヤード台北はMRTの南港駅直結のホテルであり、台北中心街から少し離れた場所にあります。
(アクセスは悪くありません)

コートヤード台北の下(南港駅)には、フードコートやコンビニなどがたくさん入っていますので、食べ物などに困ることはあまりありません。

しかし、夜の9時を過ぎるとほとんどのお店が閉まってしまいますので、そのような時にオススメのお店となっています。

本日紹介するお店は夜中の1時まで営業しているので、夜に到着した際でも安心して訪れることができます。

 

「第一鮮」アクセス方法

本日ご紹介する「第一鮮」はMRT昆陽駅が最寄り駅となっています。

コートーヤード台北の最寄駅である南港駅のお隣の駅であり、電車の移動時間は5分もかかりません。

歩いても20分ほどなので、散歩がてら歩くのもいいかもしれません。

 

 

昆陽駅に到着したら、出口1もしくは出口2を目指して進みます。

 

 

出口1を出て右方向を見ると上のような写真になるので、右奥の道を直進します。

出口2から出た場合は目の前の道を左に直進します。

 

 

1分もかからないうちに、右手にお店が見えてきます。

水色の看板が目印ですよ!

 

 

「第一鮮」オーダー方法

 

お店に入ってすぐ右手にお会計する場所があり、そこにスタッフが常駐しているので、その人にメニュー兼注文票をもらいます。

 

 

こちらのお店では英語翻訳した別紙のメニューも用意していて、英語で話しかけるとメニュー兼注文票と一緒に別紙も渡してくれます。(上記写真参考)

この英語メニューと照らし合わせながら、オーダーしたい商品にマークを入れて、店員さんに渡せば完了です。

 

MEMO

注文票に記載のないメニューも存在します。

その場合は注文票の枠外に漢字のメニューを書けば問題ありません

注文票にないからといって提供していないわけではないです!

 

こんな感じです↓

 

 

 

店内入口から見て左奥には、飲み物(お酒やソフトドリンク)の提供があり、飲みたい場合はここからセルフで各テーブルまで持って来て飲みます。

各テーブルに栓抜きがあるのでそれを使用します。

 

ビールの種類がたくさんあっていい感じですね。

台湾ビール以外にも、タイガーやハイネケンなどの提供がありました!

日本にいると瓶の台湾ビールを飲む機会が少ないのでついたくさん飲んでしまいます笑

 

 

グラスなどは飲み物が入ってるショーケースの左横にあるので、こちらを使用します。

 

 

お会計の時にスタッフの方がテーブルの上にある飲み物を見て計算をしてくれます。

正確な金額は覚えていませんが、観光地値段ではなくかなり安かった覚えがあります。

 

「第一鮮」 おすすめメニュー

 

「第一鮮」では、炒め物、火鍋、魚の刺身、ご飯ものや麺類まで数多くのメニューを提供しています。

お店の一押し美味しいローカル料理と新鮮な海鮮料理とのことでしたが、新鮮な海鮮料理は日本でも食べることができるのと、旅行初日からお腹を下して旅行が台無しになることが怖かったので、ローカル料理のみ頂きました。

隣の席で飲み会をしていた台湾おじさん3人組は、マグロの刺身を美味しそうに食べてました!

 

空心菜 70台湾ドル

台湾にきたら絶対に食べる料理その①である空心菜の炒め物です。

色々なお店で頂いてきた空心菜ですがここのお店は3本の指に入る美味しさでした!

にんにくがしっかりとかなり強めに効いていて、ご飯ともお酒とも相性抜群の一品です。

ただ、しっかりと歯磨きを行なっても、にんにくの匂いは翌日も消えなかったので、次の日に大事な約束があるときは避けたほうがいいかもしれません。

 

 

炒牛肉 120台湾ドル

肉は硬めでしたがしっかりと肉の出汁が出ていて、こちらも美味しかったです。

日本でいう焼肉のタレのような甘辛いソースで炒められていますので、こちらもご飯やお酒がすすみますね。

これを食べて、ビール飲んで、という繰り返しは止まりません。

 

 

自製手工蝦捲 150台湾ドル

「第一鮮」は先ほど紹介した通りタイのビールであるタイガーを提供されていましたが、タイ料理ちっくな食べ物も提供されています。

こちらは、海老のすり身を揚げたもので、スイートチリソースにつけて頂きます。

テーブルに運ばれてくると同時に海老の香りがしてくるほど濃厚でした。

衣は硬めで、ザクザク感が強かったです。

こちらのビールによく合います。

注意
一緒についてくるスイートチリソースですが、日本で市販されているものと比較してかなり辛めのものでした。

辛いものが苦手な人はご注意ください!

 

 

海鮮炒飯 100台湾ドル

安定の海鮮チャーハンです。

エビやイカなどが大量に入っていて、コスパ最強の一品です。

これまでの料理と比較して、味は薄めでシンプルなものでした。

日本で食べるチャーハンと比べて、すこし脂っこいですが、それもまた美味しく感じる点です!

 

 

白飯 無料:セルフサービス

 

店内には炊飯器がいくつか置いてあって、炊飯器の中には白飯が入っています。

こちらの白飯は「無料」でいただくことができるので、がっつり食べたい男性の方には朗報です!

今回は食べませんでしたが、火鍋などを注文して、最後に白飯をいれるのもいいかもしれませんね。

 

「第一鮮」総評

 

 

外国人が少なく、台湾人の来客が多いお店なので、英語は片言レベルでしか通じないこともありますが、英語訳のメニューもありますし、スタッフの方も親切なので全く問題ありません。

“満腹太郎”

コートヤード台北に宿泊をされた際は、ぜひ訪れてみてください!

 

このお店の評価
FOOD
(4.5)
HOSPITALITY
(3.5)
VALUE OF MONEY
(4.0)
ACCESSIBLE
(4.5)
総合評価
(4.0)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です