【横浜のレストラン】少し贅沢ランチ【彩龍】

“満腹太郎”

横浜ってお洒落で美味しいお店が多いですよね。

今日ご紹介するのは、普段ランチには少し高いけどちょっとした贅沢をしたい場合にぴったりな中華のお店です。

雰囲気も落ち着いているので、デートなどにもオススメです。

 

 

彩龍 お店情報

彩龍 食べログHP

紹介文

 

素材の持ち味を最大限に引き出した繊細かつ大胆な本格中国料理

中華街とは一線を画すモダン&ラグジュアリーな中国料理店です。
腕の確かな料理人が、珠玉の広東料理を流行の香港スタイルにてご提供いたします。個室もございますのでご結納やパーティーでもご利用いただけます。
横浜ベイシェラトンHPより

 

 

横浜駅西口から徒歩5分ほどの場所にある、横浜ベイシェラトンの3階にある中華料理屋さんです。
地下のジョイナスからもホテルの入り口が繋がっているので、天候が悪い時でも濡れる心配は不要です。


この表記の左横の入り口から入っていきます。

【横浜駅のホテル】駅に一番近いホテル? 【横浜ベイシェラトン】

 

突き当たりの銀行手前で右折するとエレベーターがあるのでそちらで3階まで行きます。
エレベーター降りて右側に進んで行くと彩龍の入り口が見えてきます。

 

順調に行けば西口から徒歩5分で到着しますが、地下のジョイナスは人通りが多い&ホテルまでの案内が少し分かりづらいということもあるので、横浜駅から徒歩10分から15分ほど歩くことを頭に入れておくと、ちょうどいいと思います。

平日の昼間に伺いましたが、年齢層は30代から50代で女性が多め。
ただ店員さん曰く、お休みの日は男性の来店も多いとのことです。

客層も落ち着いている方が多くがやがやしていませんでしたので、美味しい料理を食べながら、ゆっくりお話をしたいときにはぴったりのお店だと思います。

 

座席数は全て確認できませんでしたが、かなり広いと思います。

4人席や2人席の他に、半円形上の座席や、個室などもあるそうです。
3世代で来店しているご家族や、6人組の仲良しおばさま組などが実際来店されてました。

 

ランチコースだと約3,000円〜、単品だと約1800円〜から注文できます。

今回はコースを注文してみました。
少しの贅沢には丁度いい金額で、美味しい中華を満喫しました。

 

それではご紹介いたします。

 

彩龍 ランチメニュー

 

龍ランチ(少し贅沢ランチにぴったりな堪能コース)

週代わりでメニューが変わるそうで、私が訪問した時は以上のメニューでした。
週ごとにランチA、ランチB、ランチCと変わっていきます。

 

MEMO
メニュー詳細は横浜ベイシェラトンHPより確認が出来ますので、先に確認して、食べたいメニューのときに訪問するのもいいですね。

 

食べ物の注文の際に、飲み物を注文しない場合「暖かいお茶と冷たいお茶どちらが良いですか?」と聞いてくれます。
今回は、冷たいお茶を頼みました。

しばらくすると「冷たい烏龍茶でございます」と氷たっぷりでなみなみの烏龍茶を持ってきてくれました。

 

 

これ普通のお店だとお金取られるレベルですよね。
ここのお店のランチはサービス料が300円ですので、これだけでも大満足です。

 

しかも一杯目を飲み終わると、デキャンタでもらえます。

 

中華は美味しいですが日本食などに比べて脂っぽいので、烏龍茶でさっぱりさせながら食べると丁度いいですね。
またデキャンタで持ってきてくれると、自分のタイミングで飲み物を追加できて良いです。

 

MEMO
ドリンクは頼まなくても、美味しい烏龍茶をいただくことができます!

 

 

すこし違う話をしてしました。

ここからコースに出てきた料理のご紹介を致します。

 

 

三色拼盤 三種の前菜盛り合わせ

左から、ぴり辛白きくらげ・甘酢漬け野菜・お肉・黒豆です。

きくらげは、かなりしっかりとした味付けでした。
きくらげの食感もしっかりとしていて、噛みごたえのあり美味しかったです。
味はしっかりと付いてますが、あくまで辛さはピリ辛なので、辛いのが苦手な方でも安心して食べることができます。

甘酢漬け野菜は、大根とカリフラワーでした。
甘さがほんのりと効いていて、とても上品な味です。

お肉の上には甘いジュレがかかっていました。
このお肉がとても柔らかくジューシーでした。なので見た目は小さいですが食べた時の重量感はしっかり残ります。
ジュレは甘過ぎとまではいかないですが、かなりしっかりとした味付けです。

前菜を食べていて感じたのは、味の強弱を駆使している点です。
このバランスが絶妙で何から食べても美味しく感じてしまいました。

 

 

即日財例湯 本日のスープ

この日は、えのきとひき肉のスープでした。

少しとろみのかかったスープです。
前菜に比べてかなり優しく上品な雰囲気のスープでした。

ひき肉を使用していますが、ジューシーでスープにもしっかりと染み込んでいます。

体もあったまりますし、お腹にも優しそうで、かつ美味しいスープという感じでした。

 

什錦爆鶏丁 鶏肉と彩り野菜の炒め

 

なす・アスパラ・ヤングコーン・しいたけ・パプリカと鶏肉の炒め物です。

ほんのりと生姜の風味を感じさせてくれる一品で、素材の味を存分に引き出していました。
野菜の甘みも強く、なかでもなすがとても甘くて美味しかったです。

鶏肉はかりっと焼きが入っていましたが、噛むととても柔らかく、噛めば噛むほど甘みが増してきました。

炒め物だけどさっぱりしていてとても良かったです。

 

干焼鮮蝦仁 海老のチリソース煮

 

エビが3尾も入っていました。
プリプリでとても柔らかいですが、しっかりとした弾力のあるエビでした。

ソースは、トマト味が先に口に広がった後、辛さが徐々に出てきて、口の中に旨味が広がって行きます。
こちらには刻んだネギが入っていて、それがまたアクセントになっていて美味しいです。

プリプリの海老と、旨味が広がるソースの組み合わせは、絶品でした。

単品でこれだけでも食べたいと思うような、そんな一品でした。

 

是日蛋炒飯 本日のチャーハン

 

本日の炒飯ということで、「焼き物が入っている炒飯です」と説明を受けました。

チャーシューとキノコがたくさん入っています。
この二つの味がしっかりとご飯に染み込んでいて、普通の炒飯より深い味わいでした。

ねぎが大きめに刻まれているのでいいアクセントになっていて美味しかったです。

チャーシューは八角の風味がかなり強く、八角が苦手な人は食べにくいかもしれません。
八角が好きな人には堪らないと思います。
ただすべてのチャーシューの匂いが強いわけではなく、偏りがったので、そこが少し残念でした。

 

MEMO
メニューにもその週に提供される炒飯の具材が記載されていないので、気になる方は店員さんにそうだんしてみてください。

 

 

杏仁凍豆腐 杏仁豆腐

中華料理の締めといえばこれ!”杏仁豆腐”ですよね。

こちらの杏仁豆腐は甘すぎず、かといって薄すぎず絶妙な杏仁でした。
胃の負担が大きい中華料理の締めとしては最高の一品です。

 

こちらでランチコースは以上となります。

前菜から始まり、最後のデザートまで合計6品のランチこーすでした。
はじめメニューを見たときに物足りないかなと思いましたが、いざ食べてみるとお腹いっぱいになります。

こちらの料金が3,300円+税込となっておりました。
普段のランチとしては少し高めですが、特別な日で少し贅沢したいなという時にいいですよね。

内訳を見ると、コース料理が3,000円で、サービス料が300円となっていました。

 

また、

 

注意
マリオット会員 & SPGカードをお持ちの方へ(店員さんに確認)

・プラチナエリートやチタンエリートの割引(20%)は対象外

・SPGアメックスの提示で基本料金から15%引きは適用

 

とのことでした。
あくまで現時点での情報ですので、訪問日にご確認ください。

 

彩龍 総評

彩龍 食べログHP

  • 少し贅沢なランチをしたい時にぴったりのお店 & 特別な日にもオススメ
  • 客層も落ち着いているので、ゆっくりと過ごすことができる
  • 飲み物を頼まなくても美味しい烏龍茶がついてくる
  • コースはかなりのボリューム

 

ホテルの中のレストランということもあり、店員さんのホスピタリティもピカイチでした。
料理も頃良いタイミングで提供されるので、一番美味しい状態の料理を食べることができました。

ただ一点、提供されたおしぼりの匂いが少し気になりましたので、そこは改善された方がいいと感じました。
気になる方はウエットティッシュ持参をお勧めします。

 

 

このお店の評価
FOOD
(4.0)
HOSPITALITY
(5.0)
VALUE OF MONEY
(3.5)
ACCESSIBLE
(4.0)
総合評価
(4.0)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です