【銀座のカフェ】ロブスターロール!【 LUKE’S LOBSTER】

“満腹太郎”

今日は少し前からインスタでもよく見られるロブスターロールをご紹介します!こちらのお店は東京だと、表参道や渋谷にお店を展開しています。今回は銀座店にお邪魔しました!

 

 

LUKE’S LOBSTER お店情報

紹介文

NYC NO.1 のロブスターロール専門店
ニューヨーク・マンハッタンにて2009年に創業したロブスターロール専門店。ロブスターの名産地アメリカ・メイン州にて、味の良い確かな素材を使ったメイン州産のロブスターにこだわった、香り、旨味たっぷりのロブスターロールを気軽にお楽しみいただけます。
LUKE’S LOBSTER HPより

 

今回お邪魔した銀座店でしたが、地下鉄銀座駅より徒歩5分ほどの場所にある路面店です。
最近オープンしたことが話題になってましたが、無印良品の銀座店のすぐ後ろにお店があります。

土曜日の12:00ごろ伺い、その時まだ人はまばらでしたが、その後少しづつ席が埋まっていきました。
お休みの日は皆さん動き出すのが遅いということもあり、早いお昼の時間帯だと、比較的スムーズに店内に入れるかもしれませんね。

家族や友人同士での来店が多い印象です。
また、外国人のお客様も多かったです。私が訪問した時も、アジア系の女性2人組と、アジア系の男性1人のお客様がいらっしゃいました。

 

お店に着いたら、イートインやテイクアウトにかかわらず、まずは左のカウンターで料理の注文を行います。

 

注文した後レシートと整理番号を渡されますので、それを手に店内にはいります。

店内入って左手に受け取り場所がありますので、呼ばれたらそこで料理を受け取るシステムとなっています。

 

それではメニューなどを見ていきましょう。

LUKE’S LOBSTER  メニュー

 

  • ロブスターロール(US):1,580円
  • ロブスターロール(レギュラー):980円
  • クラブ&シュリンプロール:1,280円
  • ロブスタークリームチーズ:1,080円 など

 

各ロールやサンドウイッチに、セットとしてポテトやスープをつけることができます。

それでは今回注文した料理を見ていきましょう。

 

フード


ロブスターロール(レギュラー)980

このお店のメインロールであるロブスターロールです。

まず一番最初に感じたことは、薄味で調理されていて余計な味付けがないので、ロブスターの風味がしっかり生きていること、ということです。

ハーブが効いているロブスターは、大きく切られているので、食べ応えがしっかりとあります。

ロブスターは冷たいですが、パンとの相性も抜群で、とても美味しいです。

アメリカ発と聞くと、濃い味でインパクトが大きいものという印象がありあすが、ここの料理は全体的に控えめで、日本人の口にとてもあっていると思います。

 

 

ポテトセットにするとこのようなボリューム感になります。

ほかほかのポテト美味しかったです。

 

通常ポテトにつけるものといえばケチャップを思い浮かべる方が多いと思いますが、こちらのお店ではケチャップの他に、「スリラチャの赤備え」というソースでもポテトを堪能できます。

ほどんど辛味を感じないタバスコのような風味で、ポテトにぴったりのソースでした。

ポテト以外にも、肉料理や揚げものにも合いそうな味です。
よろしければ試してみてくださいね。

 

クラブ&シュリンプロール1,380

こちらのお店では主に、ロブスター・シュリンプ・クラブの3種類のロールを堪能することができます。

店員さん曰く「ロブスターは一番人気だが、クラブとシュリンプも根強い人気がある」と仰っていました。

 

まずはクラブからいただきます。

適度な塩感でさっぱりとしながらも、写真から分かるようにボリュームがたっぷりです。
噛むと甘さが滲み出てきて、とても美味しかったです。

中に詰め込んであるクラブの量が尋常ではないほど多いので、口にれるたびにクラブが外に溢れ出てきます。

「一切れたりとも無駄にしたくない!」という方は、このボックスの上で食べることを推奨します。

 

次にシュリンプをいただきます。

小ぶりのシュリンプでしたが、プリプリで甘みの強いシュリンプでした。
味付けは他の2種類同様薄味なので、素材の味を存分に活かされています。

私個人的には、パンとの相性が一番あっているのは、シュリンプのような気がしました。

どの味もマヨネーズが少しだけ効いていて、その味が食欲を刺激してきます。

 

ドリンク

今回はポテトセットに付属するドリンクをいただいてきました。

 

ソフトドリンク250円〜

瓶でいただく炭酸の飲み物ってとても美味しいですよね。

 

この他にジュース(オレンジジュース・グレープジュースなど)や炭酸水、コーヒー、お茶などもありました。
平日の午後一部の時間はハッピーアワーを実施していて、ビールを安く飲めるようでしたので、ランチで少しお酒を楽しみたい方や、少しだけお茶をしたいといった要望を叶えてくれるお店だと思いました。

 

LUKE’S LOBSTER 店内の様子

 

 

店内の雰囲気は、木のぬくもりと白を基調としたお洒落な雰囲気です。

 

はじにはブランケットが置いてありました。
入り口がオープンになっているので、冷えが気になるときに便利なグッズです。

 

4人から6人が座れる机が3卓、2人で座れる高い足の机と椅子が5卓ほどありました。

 

 

大きめの机の壁沿いにはコンセントもありました。

少しパソコンを使いたい時や、携帯の充電をしたいときに重宝します。

 

 

総評

  • 銀座駅から徒歩5分の好立地で、ロブスターなどを堪能できる
  • 他の店舗と比較して空いている(店員さん情報)
  • コンセントがあるので、作業や充電などもできる

 

このお店の評価
DRINK
(4.0)
FOOD
(4.0)
HOSPITALITY
(3.5)
VALUE OF MONEY
(3.0)
ACCESSIBLE
(4.0)
総合評価
(3.5)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です