【JL搭乗記】JL789 2018/8 HNL-NRT【日本航空(JAL)エコノミークラス】

“満腹太郎”

先週ANAのホヌが就航し、これからますます日系2社の競争が加速していくだろうハワイ路線を紹介させて頂きます。

ハワイは長年JALが覇権を握っていますがホヌ就航によってどうなるんでしょう。

競争が加速することで、私たち利用者にいい形で還元されるといいですよね!

 

 

 

 

JL789 HNL-NRT Economy Class

 

 

ホノルルにはサクララウンジが2つあり、その中の新しいラウンジ「ハレ」で搭乗までの時間を過ごしました。

 

 

ラウンジ内は落ち着いていて、ハワイの空気感を感じれるあの空気感はとても居心地がよかったです。

 

 

カレーライスと豚汁を頂きましたが、日本の味をやはりホッとさせてくれますね。

冷たい緑茶が提供されていたのも個人的にはかなりプラスでした!

 

 

窓もかなり大きく飛行機もたくさん見えるので、お子さんはもちろん大人でも楽しめます。

窓からの景色はJALハワイアン連合を感じることができ、ここからANAがどこまで挽回できるのかなど色々な想像をすることができます。

 

ハワイからの帰路は、「楽しかったハワイ旅行が終わってしまった」という落胆した気持ちと、「とてもリフレッシュできたから仕事頑張ってまた来よう」という前向きな気持ちが入り混じり、1人でなんとも言えない気分になっていることが多いんですが、同じような人いませんか?笑

この時は夏休み最終週ということもあって、機内は満席に近いお客さんがいました。

 

 

JL789   フライト情報

・運行スケジュール
HNL(ダニエルKイノウエ国際空港)14:40 14:50発
NRT(成田国際空港)18:20 18:30+1着

・機材 :Boeing787-9(789)

・コードシェア:AA8410,HA5396

 

ホノルルを15時前に出発し、成田に翌日の18時半に到着する便です。

家に到着する頃には完全な夜となっていて、その後すぐ寝る時間になるので、この飛行機で長い睡眠を取ってしまうと夜寝れなくなり、完全なる時差ボケに繋がってしまいます。

ホノルルに到着する時は時差の関係で時間が戻り、特をしたような気分になりますが、帰りは到着すると翌日になっていて、少し損した気分になってしまいますよね。

 

 

定時運行率もまあまあな感じですね。

基本的に成田ホノルル線は機材変更なくまわしているので、大きな遅れなどは生じにくいのかもしれません。

この日も予定通り搭乗が始まり、予定通り出発していました。

まぁホノルルに長くいれるなら多少遅れても全然いいんですけどね笑

 

 

ハワイの空を背景に飛行機がキラキラしてて綺麗でした(直前にスコールが降っただけ)

 

 

JL789  機内の様子

 

ここからは別日程で利用した際の写真も混在していますことご了承ください(同じ便名のものです)

機材はBoeing787-9(789)でエコノミークラスは2-4-2の配列となっています。

エコノミークラスの中では今まで乗ってきた航空会社の中でトップクラスに座り心地がいいと思います。

旧型の方がクッション性が高くもっと良かったんですが、新型はその分個人スペースが大きくなっているので仕方ないですね。

 

長いフライトなのでエコノミークラス最後列を指定しました。

 

 

後方にお手洗いがない機材なので、お手洗い待ちの列が隣にできることもないですし、お手洗で流す音が聞こえたりすることもないので、後方がおススメです。

ちゃんとは見えませんでしたが、CAさんが消えていく秘密の扉があったので、おそらく休憩室になっていると思います。

 

 

ハワイ路線くらいの長い飛行時間になると、通常でもスロースペースであるJALの機内サービスがさらにスローになります。

一人一人にしっかりと丁寧に接客という意味ではいいかもしれませんね。

 

僕のラインを担当していたのは、バンコクベースの男性CAさんでした。(そもそもバンコクベースのCAがハワイ路線に勤務していることを知らなかったので驚きました)

物腰が柔らかく、日本語や英語がとても堪能でとても素晴らしかった方でした。。

 

ハワイ路線なんて日本人だらけな気がしますが、なぜか僕には最初タイ語で話しかけてこられて「?」となりました。

僕が東南アジア系の顔をしているのかもしれませんが笑

 

そのあとサービスが終了して落ち着いてる時に少しお話しする機会があったので伺ってみるとタイにいる友達にそっくりで、ついタイ語が出てしまったとのことでした。

 

日本人CAの中で男性はまだまだ少ないですが、世界から見ると珍しいことでもあるので男性CAはどんどん増えていってほしいですね。

一部のおじさま方は女性にサービスしてほしいと思われるのかもしれませんが、そういうのは違うお店に行ってお金を払ってしてもらいましょう。

以前ANAの機内の中で、大柄な外国人男性客同士が喧嘩を行なっていて、必死に女性CAが仲裁に入ってる動画が流れてましたが、やはり危険ですよね。

機内の保安員要素として男性CAは必要だと思います。

 

と話がずれてしまいましたので元に戻します。

 

 

 

まずは飲み物が提供されます。

あとはお決まりの「あられミックス」です。

 

この時はさっぱりしたかったのでスカイメイトを頂きました。

スカイメイトはキュウイジュースですが、こちらを利用したカクテルのスカイロワイヤルもかなりオススメです!

行きの便では早く寝るためにアルコールを進んで飲みますが、さっぱりしたアルコールを飲みたい時にぴったりですよ。

 

どうでもいい話なんですが「あられミックス」の袋の色の違いって何か違いがあるんですかね?
知っている方いたらコメントで教えてください。恐らく大きな違いはないと思いますが…

 

 

そのあと機内食のサーブが始まります。

メイン2種類から選ぶことができましたよ!

 

 

この日は、野菜のあんかけ炒めとキーマカレーの2種類でした。

おかずはポテトサラダとさっぱりとしたおろし唐揚げです。

 

味噌汁も付いてきました。

こちらの味噌汁、正直美味しくはないんですが、やっぱりつい飲んじゃうんですよね。

 

帰りの便では空港からの運転がある関係上、アルコールは基本的に飲まないので、ご飯の時は綾鷹を頂いています。

日に焼けて火照った体のなかに冷たい緑茶を入れると生き返ります。

ハワイ線では日本発の場合、企画モノの機内食を提供されていてハワイ発の場合は通常の機内食が提供されることが多いですが、僕個人の感覚としては、通常の機内食の方が何倍も美味しいことが多いです。

僕の舌が貧乏舌だからかもしれません笑

 

 

その後しばらく経ったあと、片付けが始まります。

この辺りは本当にゆったりとしています。その点CXとかだと以上に早かったりするんでしょうね。

 

片付けと同時に紅茶やコーヒーの希望を聞いてくれますよ。

この時はどうしても綾鷹をもう一杯飲みたかったので、綾鷹をお願いしました。

 

片付けが終了するとエコノミーの場合、強制消灯となります。

機内は暗くなりますが、ここで絶対に寝ないように気をつけましょう!

日本時間の昼間ということをお忘れなく。

 

 

CAさんたちは束の間の休憩時間ですね。

いつもお疲れ様でございます。ありがとうございます。

 

 

着陸2時間前くらいになると機内が明るくなり、軽食の提供が始まります。

日本時間だと夕方くらいですかね。

ギリギリ遅いおやつの時間です。

 

 

この時はツナとチーズのベーグルと、いちごのヨーグルトの提供で1種類のみでした。

貧乏性の本領発揮で出されたものはとりあえず食べますが、機内で何もしていない体にはかなりのカロリーオーバー感があります。

でもお味は美味しかったです。

 

そして軽食を食べ終わり、片付けも終わる頃には、かなり成田に近づいていて、しばらくするとシートベルト着用サインが点灯します。

 

 

日本に帰ってきちゃいましたね。

でもやはり日本に戻ってくるとそれはそれホッとするのも事実です笑

 

“満腹太郎”

いかでしたでしょうか。

やはりJALに乗ると安心感がありますよね。

人によってはつまらないと感じる方もいますが、そこがJALの良さだと思います。

 

 

今後ANAとの競争がますます激しくなるでしょうが、相乗効果も期待をしていきたいところです。

こうやって書いているとなんだかんだJAL派なのかなと思いますが、最近はホノルルに新しくできたANAラウンジも一度お邪魔してみたいなと思ったりしている最近の心情です。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です