【KA搭乗記】KA810 2017/09 HKG-NKG【キャセイドラゴン航空エコノミークラス】

 

“満腹太郎”

前回の続きである、香港から南京までのフライトの様子をシェア致します!

 

前回の記事はこちらから

【CX搭乗記】CX549 2017/09 HND-HKG【キャセイパシフィック航空エコノミークラス】

 

 

 

 

KA810 HKG-NKG Economy Class

 

キャセイパシフィック航空の公式HPから東京ー南京を通し(東京ー香港はCX運行のCX便名)で購入しましたが、てっきりこの区間もCX便名になるのかと思いきや、初めからKA便名として表示がされていました。

この辺の運用はよくわかりませんが、まぁマイルの積算率も同じですし、問題ないと思います。

あんまり覚えていませんがCX便名の方が値段が高かった気がします(曖昧ですが)

 

香港トランジット中

 

香港に入国をして友人と会いたかったので、候補として表示された中で1番乗継時間が長い組み合わせにしました。

 

香港で一夜過ごします。

 

この時は大好きな點點心に寄り、点心などをたらふく食べ、友達の家で飲みまくりました。

 

こちらのお店は比較的遅い時間まで営業しているので、皆さんもぜひお試しください。

サクッと美味しい点心などがいただけますよ!

 

 

 

 

この時泊まらせてくれた友達(韓国人)はキャセイのCAをしていますが、香港の家賃が高くその影響をうけ金銭的に圧迫されているとのことでした。

話にはよく聞いていましたが、CAさんでもなかなか稼ぐのが難しい時代なんですね。

「この仕事が好きじゃないと続けられないよー」と笑いながら話していて、仕事に誇りを持っている友人がかっこよかったです。

 

 

翌日友人もフライトがあったので、友人の出勤時間に合わせて一緒に空港に向かいました。

朝早かったのでバスを利用しました。

道が空いていることもあり、運転手のおっちゃんかっ飛ばしていました。

 

 

無事に空港に到着いたしました。

さすがアジアのハブ空港なだけあって、朝から活気がありました。

ここで友人と別れます。

 

 

航空券は前日羽田で受け取っていたので、そのまま出国審査へ向かいます。

フライトまでまだ時間があったので、係員が時計を見て首を傾げていましたが、特に問題なく通してくれました。

 

朝寝坊をして僕はシャワーを浴びれなかったのでシャワーを浴びるためにキャセイラウンジの「ザ・ピア」に向かいます。

 

 

シャワー浴びてさっぱりし、サラダとスクランブルエッグを頂きました。

 

 

お腹はいっぱいでしたがせっかくなので担々麺も頂いちゃいました笑

 

フライトの時間までゆっくりと過ごします。

 

詳しいラウンジ紹介は以下からどうぞ。

【香港のラウンジ】JGCを持っているならここがオススメ!【The Pier】

 

 

KA810 フライト情報

 

 

・スケジュール:
HKG
(香港国際空港)10:40 10:25発
NKG(南京国際空港)13:15 13:00着

・機材:Airbus A330-300 (333)

・コードシェア:CX5810,ZH3472

 

香港ー南京間ですが、意外にも3社の航空会社が運行を行っています。

コードシェア便を含めると以下の通り。

  • 中国東方航空
  • 上海航空(中国東方航空運行)
  • 香港航空
  • キャセイドラゴン航空
  • キャセイパシフィック航空(キャセイドラゴン航空運行)
  • 深セン航空(キャセイドラゴン航空運行)

 

フライト時間は2時間ほどです。

この時は東京から通しで買って7万弱(予約クラス失念しました、、)でしたが、現在の適当な日付でこの区間のみを検索してみると大体1.5万円~2万円程でした。

 

南京に行く日本人は少なく、行かれるほとんどの方は出張などではないでしょうか。

この時のこの便も恐らく日本人は僕1人だけでした。

 

 

定時運行率は、失礼ながら想像範囲内ですね。

ちなみにこの記事を書いている今日(2019/05/30)も遅延していましたよ。

 

 

 

この時は運良く定刻で出発致しました。

優先搭乗などは厳格でないもののしっかりと行っていましたよ。

 

 

KA810 機内の様子

 

エコノミークラスは2-4-2の配列となっています。

各席にしっかりと個人用モニターが付いていました。

 

この時ドラゴン運行便を初めて利用しましたが、客層とCAの質がキャセイとはやはり大きく違いますね。

まずお客さんも大陸の方が圧倒的に多く、香港人と比較するとやはり我が強い人が多い印象です。

皆さん我先に我先といった感じですね。

 

またCAさんもそのようなお客さんを相手にしているからか、比較的強めに物言いしてきます。

この点は安全な運行上、機内の治安を守るために必要不可欠ですし、仕方ないことないことですよね。

お客さんも中国人もしくは香港人が圧倒的に多いので、アナウンスや接客も中国語メインでした。

英語のアナウンスは中国語のアナウンスの10分の1くらいの長さでちょろっと行っていましたよ。

 

これも仕方のないことですが、何回「中国語わかりません」とお伝えしても次話かけられるときは中国語なので、何度もわからない旨を伝えるのが面倒でした。

また英語がわからない(喋ろうとしない?)CAさんも何人かいらっしゃったのも驚きでした。

 

離陸後30分ほどで、機内食が配られます。

 

選択肢はなく一種類の提供です。

酢豚と野菜炒め、そしてご飯です。

お味は美味しいわけでもなく、かといって不味いわけでもありませんでした。

 

KA便でもハーゲンダッツを頂くことができます!

味はバニラで、やはりこちらはさっぱりしていて安定の美味しさでしたよ。

 

機内食をなかなか片付けてもらえず、やっと片付けが終わった頃に、シートベルト着用サインが点灯。

そのまま着陸でした。

 

降機のときは後ろから大勢の中国人が押し寄せてきます。

皆さん大荷物を持っていてとても時間がかかりました。

 

 

“満腹太郎”

南京に旅行で行かれる方は少ないかと思いますが、日本路線以外のKA便の様子をシェアさせて頂きました。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です