【台北桃園のラウンジ】やっぱり担々麺が美味しい【キャセイパシフィックラウンジ】

“満腹太郎”

台北桃園国際空港にあるキャセイパシフィックラウンジに伺ったのでご紹介致します。

 

 

 

CXラウンジ 場所 営業時間

 

  • ロケーション:ターミナル1、4階出発エリア
  • 営業時間:4:30〜20:50 毎日

 

キャセイパシフッィク航空はターミナル1を利用していますので、こちらのラウンジもターミナル1にあります。

出国審査を抜けた後左に進みます。突き当たりを左折します。

そうすると、エリアBの出国通路に出る手前に、階段とエレベーターがあるのでそこで1つ上の階(4階)に上がると右手に入り口が見えてきます。

出国審査から徒歩5分くらいでしょうか。

MEMO
JAL便利用時でもCXラウンジまで行くことができます

JALはターミナル2からの出発ですので、チェックインなどをターミナル2で行う必要があります。サクララウンジもターミナル2にありますが、実は2つのターミナルは中で繋がっているので、ターミナル2からはD1ゲート方面を目指してひたすら直進するとターミナル1に着きます。
大人の足で10分から15分ほどになりますので、お時間に余裕をもってご利用ください。

 

 

今回はCX利用だったので、このようなインビテーションを搭乗券とともに頂きました。

こちらを受付で渡せば、パスポートチェックなどもなく入室することができます。

 

CXラウンジ ラウンジ内

受付を抜けると左右に空間が広がっていて、左側には軽食スペースと荷物置き場とお手洗いがあるエリア、右側にはヌードルバーやバーがあるエリアとなります。

 

Bar

受付を抜けて右側の一番奥のエリアにあります。

本格的なお酒から本格的なコーヒーなどを注文することができるエリアとなっていて、バーテンダーの方も常駐しています。

 

こちらがメニューとなっていて、キャセイのシグネチャードリンクであるキャセイディライトもここで頂けます。

このラウンジではもう1つのシグネチャードリンクとして、Bubble Milk Tea(タピオカミルクティ)も提供されていたので、シグネチャードリンクを2つ頼んでみました。

キャセイディライトは安定のお味でした。

作り置きをしているせいか成分が分離をしてたようで、提供前にバーテンダーの女性の方が作り置き用の入れ物をがんがん振っていて少し面白かったです。

ただ冷えすぎだと少しキュウの味をいつもより感じれなくなっていたので、そこは残念でした。
まぁこれはタイミングだと思います。

タピオカミルクティは、あまり甘くないミルクティととても甘いタピオカとのバランスが絶妙でした。

上品なタピオカをいただくことができました!

 

バーエリアからラウンジ内を見るとこのような感じです。

かなりの席数があるので、混雑している時でも座る場所がないということは今まで経験したことがありません。

ここのエリアだけではありませんが、壁沿いにこのようなソフトドリンクやビールの缶、コーヒーマシーンなどが置かれているので、こちらでさくっとお飲物をいただくことができます。

 

 

Noodle Bar

こちらはキャセイラウンジでお馴染みのヌードルバーです。

僕の大好きな担々麺はこちらでいただくことができます!

ヌードルバーのエリアには、2人席から4人席くらいの大きさの机が配置されています。

こちらは時間帯によって混雑するので、ヌードルバーで注文して別のエリアで頂いている方もたくさんいらっしゃいましたよ。

 

 

 

メニューを置いてあるところの前にスタッフさんがいるので、その方にオーダーを行います。

そうするとブザーをもらい、準備ができるとブザーが振動します。

 

 

混んでいる時でも5分ほどで出来上がるので、あまり時間がない時でもさくっと頂くことができます。

 

また受け取り場所の近くには各調味料が置かれていますので、お好みの味にすることもできます。

 

 

Dan Dan Noodle

王道の担々麺です。

一応いつもおとなしく頂いていますが、心の中では「これこれこれ!!!!」と騒いでいます。

羽田、香港、バンコク、台北と各地でキャセイラウンジの担々麺を頂いていますが、少しづつ味が違うのもこれまた面白いです。

やはり国によって少しレシピを変えているのでしょうか。

羽田の担々麺はごま風味がかなり強かったです。

皆さんも機会があれば食べくらべお試しあれ〜(感想お待ちしております。)

 

Beef Noodle Taiwanese Style

これも僕が大好きな一品です。

台湾旅行の最後にこれを食べながら「やっぱり台湾の食べ物は美味しいな〜また来たいな〜」と考えています。

担々麺もそうですが、麺の量が少ないので、色々なものをいただくことができますよ。

 

Spaghetti Napoleon

同行者が頼んでいた一品、ナポリタンです。

甘いトマトソースとチーズのバランスが良く、こちらも美味しいです。

日本で食べれるナポリタンとほぼ同じ味ですので、お子さんとかにもいいかもしれません。

 

 

Steamed Chinese BBQ Pork Bun

 

Steamed Vegetable Dumpling

BumやDumplingはこのようにせいろで入ってくるので、熱々の状態でいただくことができます。

 

 

 

ヌードルバーエリアだけ、ソフトドリンクは缶ではない提供方法でした。

こちらには生ビールサーバーがあるので、ビール好きの方はヌードルバーエリアへ!

 

軽食エリア(サラダやデザートなど)

受付を抜けて真正面にあるスペースで、こちらでは野菜やデザートなどが提供されています。

 

 

生野菜には近くに置いてある、ビネガーやオリーブオイルなどをかけて美味しくいただきました。

 

 

台湾の有名なお土産でもあるパイナップルケーキなども提供されていました。

 

 

このエリアの奥にお手洗いがあります。

 

やはりこちらのお手洗いもAesopが使用されていました!

機内での乾燥に備えて、ハンドクリームだけもらってもいいかもいしれません笑

 

Bureau

Macが4台置かれているのでちょっとした作業ができます。

デスクが広いので自前のパソコンを広げることもできますね。

 

Luggage

 

受付抜けて左側に進むとこのような荷物置き場がありました。

施錠などができないので、使用している人はいなかったです。

 

CXラウンジ 総評

 

最近のCXラウンジはコンセンプトも統一されていて、とてもオシャレですよね。

作りは羽田空港や香港と似ていました。

 

【香港のラウンジ】JGCを持っているならここがオススメ!【The Pier】

 

各ラウンジ共に内装は似ていますが、サービス面でその地域の特性を出しているところがまた面白いところだと思いました。

 

このラウンジの評価
DRINK
(4.0)
FOOD
(4.0)
HOSPITALITY
(3.5)
ACCESSIBLE
(4.0)
総合評価
(4.0)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です